ちょっとした選択で運動不足を解消

通勤時間に一駅歩く、意識して階段を選ぶ、ながら運動をする、電車の中では座らない……といったことで運動不足は解消されます。不摂生な生活で健康面で気になることがあれば、日頃から体を動かすことを選択するようにしましょう。

一駅歩くだけでも十分運動できる

一駅歩いただけでも結構な歩数になっていることもあります。朝少し早く起きて通勤時間を利用し、運動することで気分もすっきりするでしょう。朝が難しい人は夜、帰りに歩くようにしてみてください。積み重ねるといい運動になります。

万歩計を身につけてみてください。少しずつ増えていく数字がゲーム感覚になり達成感を覚えることができます。高価なものでなくてもいいので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。モチベーションにもつながり習慣化しやすくなります。

階段と平坦な道では消費カロリーが違う

エスカレーターやエレベーターを使うよりも階段を選びましょう。日々のちょっとした選択で運動不足は解消されます。階段は平坦な道よりもカロリーを消費します。忙しい毎日の中で体脂肪を燃やす絶好のチャンスとなるでしょう。

階段の上りと下りでは使っている筋肉も違います。バランスよく使うことで美脚を実現することができます。また、自然に痩せやすい体作りにも役立つので、通勤で毎日駅を使うのであればぜひ階段を利用しましょう。

テレビを見ながら運動をする

「◯◯しながら」運動をするのもかなり効果的です。例えばテレビを見ながらスクワットをするだけでも運動不足は解消されます。10回?20回でも体を動かすクセが身につくので習慣しやすいと言えます。

インターネットでネットサーフィンをしている時も時々体を動かしましょう。背筋と足を伸ばして、足首を回してみてください。腹筋に力が入り、全身の血行が良くなるのを感じられるはずです。

電車の中では座らない

席が空いていたらすぐに座りたくなってしまう気持ちはわかります。けれどもそこは耐えて立つようにしてください。電車の振動の中で立っているのはかなりのカロリーを消費します。つり革につかまってかかとを上げ下げするのもかなりの運動になるので、試してみてください。

運動不足に悩んでいる場合は毎日少しずつ意識するだけで解消することができます。隙間時間の積み重ねが大きな結果につながるので、頑張ってください。

正しい薬の服用方法

正しい薬の飲み方について学んでみましょう。
病院や薬局で薬を処方されました、注意書きに食間とあり戸惑いました…

食事を、例えば昼食を食べている間に薬を飲むのか、昼食と夕食の間の時間で飲むのか?
正解は後者です、このように一見では分かりにくいが得てして正しい時間があります。

食前は食事の30分前が理想と言われています、比較的早く効果が表れる薬が一般的です。
反対に食後もありますが、胃に内容物があり消化作用に伴い吸収が良いと言われています、また胃にも負担がかかり難い特徴があります。
そして就寝前ですが、寝ているときも肝臓などは動いています。
翌朝までの効果を期待とし寝て起きたら改善されている事が狙いです。

では、飲むと言っても悪い飲み方だと薬の効果が半減、または副作用を伴う場合もあります。
一目瞭然ですが、薬とビールなどのアルコール類は死に至る疾患にある恐れが高いと言われています、薬服用時のタバコも脳梗塞の率を高める様です。
水、またはぬるま湯で飲みましょう。
逆にと言うか、水なしで飲むと喉に詰まったり食道で止まって潰瘍となる場合もあり危険ですのでやめましょう。
各種、医薬品の服用方法は薬 通販でも確認できます。

次の記事: を読む ≫